障がい者雇用で働いていても賃上げの交渉は大事 | 私は統合失調症 41

私は統合失調症
この記事は約4分で読めます。

障がい者雇用でも給料を上げてもらう賃上げの交渉はした方がいいです。

交渉をしないと給料は上がりません。

しかし、

タケシ
タケシ

給料を上げて下さい。

ではなくて、

タケシ
タケシ

どうやったら私の給料は上がるのでしょうか?

とソフトに聞くのが良いです。

 

スポンサーリンク

私の場合は

障がい者雇用で働いて4年が経過しました。

タケシ
タケシ

2014年9月から働いています。

 

正社員ではなく時給制のパートでの雇用になります。

労働時間は1日6時間の週5日です。

時給は950円からスタートして1年後に1,000円になりました。

しかし、ここから時給は上がっていません。

 

契約の更新を半年毎に行っていますが、人事評価なんて無いのでどうやったら給料が上がるのかがわかりません。

事務的に契約が更新されているだけです。

 

会社の業績が良いときはパートの身でありながらボーナスが支給されましたが、4年間でもらったのは3万円のボーナスを2回だけです。

しかし、このボーナスは仕事で結果を出して、さらに会社の業績が良いときだけもらえます。

仕事で結果を出しただけではもらえません。

会社の業績が良くないとボーナスは0円になります。

 

無期転換ルール

そんな中、会社の人事の人から無期転換ルールの説明がありました。

 

無期転換ルールとは

2013年4月1日に労働契約法に導入され施行されたもので、これ以降に有期雇用で労働契約をした労働者が同じ会社で契約を更新して5年を経過した場合に、無期労働契約に切り替えることが出来るようになる制度です。

 

無期転換ルールの詳細は下のサイトをご参照ください。

有期契約労働者の無期転換サイト
無期転換サイトは、有期契約労働者の無期転換を円滑に行うためサポートをするサイトです。無期転換ルールの説明や導入のポイント、厚生労働省が行っている様々な支援策の紹介、すでに無期転換ルールを導入している企業の事例紹介などを掲載しています。無期転換ルールの導入にお役立てください。

 

しかし、無期転換ルールで無期雇用になることはできるのですが、これは半年ごとの契約更新がなくなるだけで給料は増えません。

雇止めの心配がなくなるだけです。

 

時間制正社員

しかし、この無期転換ルールの説明の中で私が働いている会社には時間制正社員の制度があるのを知りました。

 

時間制正社員とは

1日の労働時間が8時間未満の正社員になります。

人事評価により給料が上がりボーナスも支給されます。

労働組合にも加入できて会社の福利厚生も利用できます。

 

しかも、時間制正社員になるにはパートの有期雇用で3年間継続して働いて、本人が希望を出して上司の推薦があればなれるとの事です。

 

私はすでに4年も継続して働いているので時間制正社員になれます。

タケシ
タケシ

今までこの時間制正社員の制度を知りませんでした。

 

時間制正社員になれば人事評価によって給料が決まるので、評価が良ければ給料は上がることになります。

さらに、ボーナスも年2回支給されることが約束されています。

 

さっそく上司に時間制正社員になりたいと希望を出しました。

 

その結果

時間制正社員になると給料は時給でいうと1,070円からのスタートになります。

そして、年に1回の人事評価が良ければ昇給することになります。

ボーナスは年に2回で約10万円が支給され、年間だと約20万円になるとのことです。

 

しかし、労働組合費やらで月に3千円が天引きされます。

また、自宅から通える範囲での転勤や職場の移動があるとのことです。

転勤や職場の移動により仕事の内容もころころ変わることになります。

 

タケシ
タケシ

確かに時間制正社員になると給料は増えるが、会社の都合で良いようにこき使われることになるのです。

 

そこで上司から提案がありました。

課長O
課長O

今のパートのままでも私の権限で時給を上げたりボーナスを出したりして時間制正社員と同等の給料にすることはできるよ。

タケシ
タケシ

え!?出来るのですか?ではお願いします。

課長O
課長O

わかった。

では契約の見直しについてはまた後日に行いましょう。

と言うことで今のパートのままで給料が上がることになりました。

 

タケシ
タケシ

しかし、もっと早く給料上げてくれても良かったんじゃないか。

と思いましたが、上司の方も

課長O
課長O

給料を上げて欲しいならもっと早く言えよ。

と思っているみたいです。

 

確かに私は今まで給料については何も言わずに諦めていましたから。

なので最初に書いたように賃上げの交渉は常に自分からした方が良いです。

タケシ
タケシ

今は契約の見直し待ちです。

 

私は統合失調症
2006年秋に統合失調症と診断されました。 主症状は陰性症状になります。 このカテゴリー「私は統合失調症」は2006年12月に自宅で療養している時に始めました。 内容は、私が統合失調症になって知ったこと、体験したこと、思ったことを書いてい...

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました