楽天のアイテムコード(商品ID)をソースコードから簡単取得

この記事は約3分で読めます。

 

楽天市場の商品リンクを作る時に必要なアイテムコード(商品ID)をソースコードから手動で取得する方法を解説します。

 

ソースコードを表示させるのはwebプラウザのGoogle Chromeです。

特別なアプリを使わないので簡単です。

パソコンとスマートフォンともやり方は同じになります。

 

下が楽天商品リンクになります。

これを作るのに必要になるがアイテムコード(商品ID)です。

 

ソースコードからアイテムコード(商品ID)を取得するやり方

まずは楽天市場の目的の商品ページに行きます。

 

URLの最初にview-source:を入れるとソースコードが表示されます。

 

メニューのページ内検索を選びます。

 

itemidと入れて検索して、ページの一番下へ行きます。(今はitemidですが変更になることがあります。過去にも仕様変更がありました。)

itemid:[‘soukaidrink:10000931‘]がアイテムコード(商品ID)になります。

 

このアイテムコード(商品ID)をコピーして商品リンク作成に使うことになります。

 

ブックマークの編集を使うと便利

ブックマークの編集を使ってURLにview-source:を登録しておくと楽天商品ページのURLをコピペするだけになるので便利です。

 

ブックマークを開くと何も表示されないページが表示されます。このview-source:の後に楽天商品ページのURLを貼り付けるだけになります。

 

タケシ
タケシ

しかし、正直に言うと手動でアイテムコード(商品ID)を取得することはほぼ無いです

 

自動でアイテムコード(商品ID)を取得する商品リンクブックマークレットがあるからです。

 

商品リンクブックマークレットについては下の記事を参照して下さい。ブックマークの編集についても説明してあります。

スマホでの商品リンクブックマークレットの使い方 | Cocoon
テーマCocoonの商品リンクブックマークレットをスマートフォンで使えるようにしました。 商品リンクを作成する時に自動でショートコードを作成してくれる機能です。 Amazon商品リンク ...

 

以前に一度だけ楽天市場の仕様変更があり商品リンクブックマークレットが使えなくなったことがあります。

その時に手動でソースコードからアイテムコード(商品ID)の取得をしました。

しかし、すぐにブックマークレットの対策が実施されて使えるようになりました。

 

タケシ
タケシ

今の環境では手動でアイテムコードを取得することはありませんが、何かあった時に必要だと思います。

 

また、今回調べるにあったって知ったソースコードの表示と検索は他でも使えると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました