セルフのガソリンスタンドでも自分でウォッシャー液を補充してはダメ

この記事は約4分で読めます。

 

セルフのガソリンスタンドを使っています。自宅の近くでガソリンを給油する時は毎回同じでセルフのガソリンスタンドのENEOS(エネオス)です。

 

そのセルフスタンドのENEOS(エネオス)で自分でウォッシャー液の補充をしていましたが、

「ウォッシャー液はガソリンスタンドのフタッフが補充することになっています」

と言われました。

 

知りませんでした。自分でウォッシャー液の補充をしてはダメとは

 

タケシ
タケシ

ENEOS(エネオス)を使うのは、Tカードが使えるのと、自宅近隣では一番大きいスガソリンスタンドで通勤の途中経路にあるからです。

 

セルフスタンドを使うのは

なんとなく、セルフの方が安いのでは?と思って、ずっとセルフのガソリンスタンドを使っています。セルフで無いところは人件費が多くかかりそうなので。

実際にセルフが安いのかのデータは持ち合わせていません。

 

セルフのガソリンスタンドでは自分でガソリンの給油をします。当たり前です。

そして、セルフのガソリンスタンドでは、窓を拭くことも自分でします。

 

セルフのガソリンスタンドで自分ですること

私のがセルフのガソリンスタンドで自分でするのは、

  1. 燃料の給油
  2. フロントガラスなどの窓ふき
  3. タイヤに空気を入れる
  4. ウィンドウォッシャー液の補充

この4つになります。

 

しかし、先日、4番目のウィンドウォッシャー液の補充が禁止になりました。

何年もセルフスタンドでウォッシャー液の補充を自分していましたが、ガソリンスタンドのスタッフより「ウォッシャー液の補充はガソリンスタンドのスタッフがすることになっています」と言われました。

 

ウォッシャー液が入っているタンクは、ガソリンスタンドの給油装置やタイヤの空気入れやゴミ箱と同じように並んで置いてあります。当然、自分でウォッシャー液を入れれば良いと思って補充していましたが違うのでした。

 

やはり、自動車のボンネットを開けてオイルの交換などを勧めるのが狙いのようです。

 

このガソリンスタンドがウォッシャー液の補充したがる件についてはこちらを。

ガソリンスタンドのウィンドウォッシャー液は値段0円(無料)
ガソリンスタンドでは自動車のウィンドウォッシャー液を値段0円(無料)で補充してくれます。 もしかしたら、無料ではないガソリンスタンドもあるかもしれません。でも、大丈夫、無料で補充してもらえるか聞けば良いだけだか...

 

タイヤの空気入れは自分でやっても止めらないが、ウォッシャー液はやらせてもらえないみたいです。

タケシ
タケシ

タイヤの空気入れもタイヤの状態をチェックしてタイヤ交換を勧める狙いもあるが。

タイヤの空気入れはスルー出来てもウォッシャー液の補充はスルーできない事情がガソリンスタンドにあるみたいです。

 

しかし、

タケシ
タケシ

セルフのガソリンスタンドなのだから、ウォッシャー液の補充も自分でやらせろ!

と言いたいです。

 

それは、以前に経験したことにあります。

 

ウォッシャー液の補充を忘れられた

以前に、ガソリンスタンドで「ウォッシャー液の補充を無料でしますよ!」と言われてお願いしたら。ウォッシャー液の補充を忘れられたのです。

その時は、自分の車のウォッシャー液は空っぽだったのでお願いしたのですが。

さんざん、

「オイル汚れていますよ交換しませんか?」

「冷却水も補充した方が良いと思いますよ」

「パワステオイルも補充方が良いと思いますよ」

と言われて、すべて断ったのですが。

そのガソリンスタンドを出て気が付きました。ウォッシャー液が補充されていないのです。

タケシ
タケシ

オイル交換とかを勧めるのに夢中で、肝心のウォッシャー液の補充を忘れやがった!

 

なので、

セルフのガソリンスタンドなら自分で全部やれると思っていましたが。ダメみたいです。

タケシ
タケシ

でも、こっそり自分でウォッシャー液の補充をしてやろうと思っています。

注意書きとか書いてないし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました