本採用になるが障がい者しごとサポーターは怒られる | 私の統合失調症日記29

 

障がい者トライアル雇用の期間が無事に終わり本採用となりました。

しかし、トライアル期間中に1日だけ風邪で休みました。

持病の統合失調症とは関係ないです。熱とせきがでる普通の風邪です。

気合を入れれば仕事に行けますが、そもそも責任ある仕事なんてやってないし、さらに体調が悪くならないようにと休みました。

しかし、休んだことに対してなぜか職場の人はご立腹でした。

障がい者しごとサポーターさんが怒られる

障がい者しごとサポーターさんが呼び出しをくらいました。

そして、

担当F
担当F田

休まれたら困るんだよ!

Fの上司X
F田の上司X

いきなり休むなんて、なんなんですか!

 

障がい者しごとサポーターX
障がい者しごとサポーターX

その…、誰でも風邪で1日ぐらい休むことはあると思うのですが。

 

それに、仕事も雑用的なもので会社にいて何かしらやっていれば良い。との話だったはずでは?

 

その人間が1日休んだだけでどんな問題があるのですか?

 

担当F
担当F田

何を言っているんだ、困るったら困るんだよ!

Fの上司X
F田の上司X

そうだ、ダメだ!ダメだ!

 

障がい者しごとサポーターX
障がい者しごとサポーターX

では、今は試用期間ですから、本採用はできない。

 

解雇すると言うことになりますか?

 

担当F
担当F田

いや、それはない。解雇はしない。

Fの上司X
F田の上司X

いや、それはない。解雇はしない。

 

障がい者しごとサポーターX
障がい者しご
とサポーターX

だったら、何をそんなに怒っているのですか?

 

担当F
担当F田

困るからだよ!

Fの上司X
F田の上司X

困るからだよ!

 

障がい者しごとサポーターX
障がい者しごとサポーターX

うーん。話にならないな…。

 

こちらにも、もうおたくの会社には障がい者を紹介しません!と言う切り札もあるのだが。

 

こんなやり取りがありました。と私に話がありました。

 

障がい者しごとサポーターX
障がい者しごとサポーターX

この会社の人達は頭がおかしい。

 

おどしのために1週間ぐらい休んじゃいましょうか?

 

扱いが悪いから、せっかく紹介した人が体調をくずしたじゃないですか!と言いますよ。

 

タケシ
タケシ

うーん、取り合えずはこのまま働いて様子をみます。

 

 

しかし、そのおどしをやっておけば良かったと思います。

その後に職場は怒号の飛び交うところになったからです。

 

とりあえず怒る人

結局、これらの人々は承認欲求が満たされていないのでしょう。

自分が人に認められていないから、人のことも認められないのです。

そして、人のダメなところを探そうとします。

そして自分はそんなことをしないからダメじゃないと、良くわからない満足感を持ちます。

とりあえず怒って、

担当F田
担当F田

説教してやったぜ!

と良くわからない勝利宣言をします。

 

「仕事を休まないで、毎日出勤してすごいですね!」と言われている人だったら、

「お前も休まず働くと認められるぞ!休まない方が良いぞ!」と言えます。

 

でも誰も褒めても認めてくれません。

 

とりあえず怒るのは犬が吠えるのと同じで、なにも考えずに防衛本能で行動しています。

しかし、実は弱い犬ほどよく吠えます。

これらの人は年寄だからとか言って甘やかしてはいけません。

 

タケシ
タケシ

とりあえず怒るってなんだ?

 

とりあえずビールじゃないんだから。

 

しかも、責任はとらないようにと行動するので、「解雇する」なんて責任ある発言が出来ないのです。

日本だけ、団塊の世代だけかもしれませんが基本的にこの世はこれらの人々が多いです。

基本は相手にしないようにしましょう。

しかし、精神疾患を抱えていても時には戦わないといけないです。

 

私の仕事の紹介になります

私の仕事は東芝の炊飯器の修理です。こちらの家電です。

 

 

分解して、掃除をして、部品を交換して、組み立てと簡単な仕事です。

私は製造業で設計と生産技術をやっていたので楽勝ですし楽しいです。

今の炊飯器は真空引きのポンプがあったり、炊飯器内の圧力をコントロールするソレノイドがあったりと部品点数が増えていて面白いです。

職場の人間はどうかと思いますが、働き続けそうです。

 

タケシ
タケシ

デイケアはナイトケアで引き続き利用することにしました。

 

私の統合失調症日記
2006年秋に統合失調症と診断されました。 主症状は陰性症状になります。 この日記は2006年12月に自宅で療養している時に始めました。 内容は、私が病気になって知ったこと、体験したこと、思ったことを書いています。 この日記が、同...

コメント