前職場のダーメージで引きこもりになる | 私の統合失調症日記24

 

うつ症状で苦しんでいます。

 

働こうにも働けない状態です。

 

うつ症状が続きました

仕事を辞めてから、有休消化も含めて3ヶ月が経ちました。

 

体調は最悪です。

 

前の職場で受けたダメージでボロボロです。

 

酷い倦怠感とうつ症状が出ています。

 

3ヶ月経っても回復出来ません。

 

サインバルタが追加

うつ症状が続いのでうつ病の薬、サインバルタのカプセルを追加で処方されました。

 

薬の量は一番少ない20mgのカプセルです。

 

サインバルタカプセル20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典
サインバルタカプセル20mg(一般名:デュロキセチン塩酸塩カプセル)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経メディカルが運営する医療・医薬関係者向け医薬品検索データベースです。

 

ところで新しい薬が処方された時に、私がいつも気になるのは効果ではなく副作用の方です。

 

過去に何度も副作用で苦しめられたので。

 

うつの薬の副作用で、一回でもひどい目にあったら気にするようになります。

 

私があった酷い副作用は日中の眠気です。

 

この時は車で2回目も追突事故を起こしました。

 

いきなりの眠気にやられたのです。

タケシ
タケシ

人を引かなくて良かったと思います。

 

サインバルタの副作用

当然のこと、医者にこのサインバルタの副作用を聞きました。

 

医者が言うには、

Dr.X
Dr.X

サインバルタの副作用は、吐き気や胸焼けはする。

 

しかし、日中の眠気は無い。

 

朝しか服用しないので、吐き気や胸焼けで夜眠れなくなることはない。

 

薬局でもらった薬の説明書に書いてある副作用は、

「気持ちが悪い、うとうとする、口が渇く、頭痛、便秘、下痢、めまい、腹痛、不眠、体がだるい、食欲が無い、肝機能検査値異常等が現れることがあります。」

あいかわらず、うつの薬は副作用が多いです。

 

薬の効果は、あたりまえですが効果はうつの症状を改善するものです。

 

「脳の神経の情報を伝える物質(セロトニン、ノルアドレナリン)の働きを活発にして、意欲を高め、気分をらくにします。」となっています。

 

飲み始めて、もう2週間以上経ちますが、私の体感した副作用は、食欲が無いだけでした。

 

確かに午前中は何も食べたいと思いません。

 

だいたい15時ぐらいから食欲が出てきます。

 

この程度の副作用なら私は問題なしです。

 

服用してから、調子は良くなったのですが、劇的に調子が良くなったわけではないです。

 

少しは良くなったかもです。

 

もともと強いうつでは無かったのと、単に休息をとったから体調が上向いただけかもしれません。

 

実は就職活動をしようと思っていましたが、なかなか体調が良くなりませんでした。

 

なので、またデイケアを使ってのリハビリからやり直す事になりました。

 

散々苦労して働けるようになったのに、また最初からやり直しです。

タケシ
タケシ

ここまで私を追い詰めた、あのソロン株式会社だけは許せないです!

 

私の統合失調症日記
2006年秋に統合失調症と診断されました。 主症状は陰性症状になります。 この日記は2006年12月に自宅で療養している時に始めました。 内容は、私が病気になって知ったこと、体験したこと、思ったことを書いています。 この日記が、同...

コメント

タイトルとURLをコピーしました