退院して自宅療養しても治らない | 私の統合失調日記2

この記事は約4分で読めます。

 

統合失調症よるニートと引きこもりを継続中です。

 

症状は陰性症状で最悪の倦怠感です。

 

外出はほとんど出来ません。

近くのコンビニのローソンへ10分ぐらい歩いて行くのですが、それだけで疲労感が出てしまいます。

 

なので運動不足になり筋肉も衰えてます。

悪循環になっています。

 

風呂に入るのも辛いです。

 

体調が良くても、部屋でテレビを見たりパソコンでインターネットを見たりするだけです。

 

一番の楽しみは食べることです。

 

ストレスに弱いので過食になっています。

さらに薬の副作用でも過食になっています。

 

たくさん食べるのは正月の定番の雑煮と、大好きなリンツのチョコレートになります。

 

タケシ
タケシ

私は過食になると甘いものが食べたくなります。

 

リンツで一番好きなのはこちらのホワイトチョコレートです。

 

リンツ リンドールシングルズ ホワイト 100g
ワールドプラザ楽天市場店
¥ 437(2019/04/21 23:50時点)

 

ブラックチョコレートも好きですがこれが一番好きです。

 

食べ過ぎて体重が増加して体が重くなり、さらに動かなくなっています。

 

タケシ
タケシ

これから一生ずっとこのままなのでしょうか?

 

私はもうダメなのでしようか?

と考えると。

うつ症状が出て睡眠に逃げることになります。

 

そして、これを繰り返しています。

 

人に会うこともありません。

 

こんな状態なので今回の年末年始は当たり前ですが何もしていません。

 

する予定も無いし、やる気も無いです。

 

とくかく体が重たくてだるいので、まったく動く気にならないです。

どこへも行く気にならないです。

 

寝てばかりいます。

 

出かけることも無く、完全に引きこもりです。

 

半分冬眠している状態です。

 

年末年始は今までお酒を飲む機会がとても多かったです。

 

そして私はお酒が大好きですが、今は一滴も飲んでいません。

 

年末年始にお酒を飲まないなんて、

タケシ
タケシ

こんなのは何年ぶりでしょう?

 

ここ15年以上はないはずです。

 

私とお酒との出会いになります。

 

幼稚園の時に、月桂冠や大関の酒粕から作った自家製の甘酒を、ジュース代わりに飲んでいました。

 

また、ばーちゃんが作っていた梅酒の梅を、お菓子代わりに食べていました。

 

焼酎につけた梅で、梅の成分が酒に吸われてシナシナになったものです。

もちろんアルコールを含んでいます。

ウイスキーボンボンぐらいのアルコールはありました。

 

また、高校生の時は押入れに、カルフォルニア・ワインのロゼを隠し持っていました。

 

タケシ
タケシ

飲みやすくて一番安かったのです。

 

そして、大学の受験勉強しながらそれを飲んでいました。

 

そして、大学に入ったら飲んでない日より、飲む日の方が圧倒的に多かったです。

サークルの飲み会が多かったです。

 

大学の学食の食券の自販機にビールが有ったのは笑えました。

バドワイザーでした。

もちろん、大学で昼からビールを飲んでいました。

 

今回の年末年始は、お酒のことだけを考えて終わりました。

 

タケシ
タケシ

お酒は飲みたいのですが、体調が良くなるのなら一生飲めなくてもいいです。

 

また、経過を書いていく予定です。

 

私の統合失調症日記
2006年秋に統合失調症と診断されました。 主症状は陰性症状になります。 この日記は2006年12月に自宅で療養している時に始めました。 内容は、私が病気になって知ったこと、体験したこと、思ったことを書いています。 この日記が、同じ病気...

コメント

タイトルとURLをコピーしました