休職を2ヶ月に延長、回復しません | 私の統合失調症日記18

この記事は約5分で読めます。

 

医者が3ヶ月は休職が必要と言っていたので、当たり前ですが休職を2ヶ月に延長しました。

 

統合失調症の陰性症状による体調の悪化はすぐに治りません。

 

休職を2ヶ月に延長

統合失調症の陰性症状が治りません。

 

もともと陰性症状は予後が悪いのです。

 

一度体調が悪化するとなかなか回復しないのです。

 

やはり倦怠感や意欲低下や集中力の低下がなかなか治りません。

 

職場には休職を1ヵ月延長して、合計2ヶ月の休職になることを電話で伝えました。

 

しかし、クビにはならなそうです。

 

上司X
上司X

休まれると困るな…

と雰囲気で伝わってきましたが…。

 

まったく私の体調を心配していません。

 

会社の人間は自分の心配しかしていません。

 

タケシ
タケシ

どれだけ、人をこきつき使いたいのだろう。

 

以前にも書きましたが、私の職場は離職率が高いのです。

 

1年いたらもう中堅です。

 

ちなみに、私は2年間休職なしで働き続きました。

 

最近は不況になって、仕事も出来てやる気のある人達が入りました。

 

しかし、まだ新人なので、知らないことが多いのです。

 

タケシ
タケシ

だから困るのか?

 

ところで、今これを書いてる時に地震がありました。 

 

タケシ
タケシ

ついに、めまいまで出るようになったか?

と思ったら本物の地震です。

 

パソコンの画面がゆらゆらと揺れてます。

タケシ
タケシ

気持ち悪いです。

 

さらに、私の体調が良くならない理由になります。

 

自分なりにいくつか考ました。

それは、

 

天気や気候によるもの

気温の変化や気圧の変化です。

 

寒暖の差が激しいと精神疾患の人は体調を崩しやすいのです。

 

自律神経をやられているからです。

 

季節の変わり目は、精神病院やメンタルクリニックは大変混雑します。

 

この季節の変わり目はお年寄りも多く亡くなります。

 

そして、

 

対人関係のストレス

コレは攻略法を何とか見つけないといけません。

 

タケシ
タケシ

後にして思いますが、これが最大の原因です。

 

1人で仕事をしていたら同じ仕事量でも体調は悪くなりません。

 

職場の非論理的で仕事を押し付ける人にやられました。

 

精神疾患をかかえた障がい者でも戦わないといけません。

 

自分の身は自分で守らないといけません。

 

ストレスによる不調の波が定期的にやってきて蓄積されます。

 

これは親しい昔の友人と話したりすると改善します。

 

しかし、30歳を超えると皆さん家庭を持っているので気軽に会えません。

 

でも昔の友人に誘いのメールを送ると、

友人X
友人X

嫁に、外出するいい口実が出来たよ!

 

逆に喜ばれる事があります。

 

タケシ
タケシ

嫁とうまく行ってないのか?

 

友人X
友人X

うまくいって無いんだよね~。

 

ガハハハ!

 

タケシ
タケシ

だったら、そっちから連絡くれよ!

と思います。

 

さらに体調が悪いのは、

 

無理をしてのストレス

横になっていても、本を読んだりは出来ることがあります。

 

数時間パソコンに向かうこともできます。

 

しかし、これをやると後で倦怠感が出ます。

 

この休んでいる時に、資格の勉強を始めたり新しいことにチャレンジする人がいますが。

 

正直、お勧め出来ません。

 

やらなければいけないことではなくて、

休んでいる時はやりたいことを無理無く出来る方が大事です。

 

デイケアでもいます。

 

資格の勉強をしている人。

 

そして、それを自慢する人です。

 

安い給料でも良いから、働いてからやれば良いのにと思います。

 

タケシ
タケシ

優先順位をわかっていないと思います。

 

何かをやるのは良いことですが、何事にもほどほどにが肝心です。

 

自分の場合も、これをやってしまいがちです。

 

そもそも、ついさっきまで、こんなにブログに書き込める体調では無かったのです。

 

もう終わらせます。

 

やりすぎです。

 

そして、

 

最後に一言

統合失調は幻覚や妄想・幻聴などの陽性症状より陰性症状の方が服薬しても症状が続く傾向にあります。

 

陰性症状は陽性症状より予後不良です。

 

辛いのを自慢することはないが。

 

と言いますか、やっぱり文字を多く打ち過ぎです。

 

休みます。

 

病んでいます。

 

タケシ
タケシ

私はどうなるんだろう?と思います。

 

しかし、無理です今は休みます。

 

私の統合失調症日記
2006年秋に統合失調症と診断されました。 主症状は陰性症状になります。 この日記は2006年12月に自宅で療養している時に始めました。 内容は、私が病気になって知ったこと、体験したこと、思ったことを書いています。 この日記が、同じ病気...

コメント

タイトルとURLをコピーしました