スマホでシークレットモードを使うメリットはアプリを開かなくすること

この記事は約3分で読めます。

 

ウェッブプラウザのGoogle Chrome(グーグル・クローム)のシークレットモード。これはパソコン版・スマートフォン版ともにある機能です。

そして、

スマートフォンでシークレットモードを使う一番のメリットは、

アプリが自動で開かないことです。

自動でアプリが開くのを防いでくれます。

 

ここでは、例としてYouTubeを使って説明します。YouTubeのアプリが自動で開かなくなります。

 

シークレットモードの使い方

スマートフォンの画像を使って説明します。

Google Chromeを開く

 

右上のメニューを開く

 

新しいシークレット タブを選ぶ

 

PC版サイトを選ぶ(スマホでシークレットタブのスクリーンショットは撮れないので写真です)

 

例としてYouTubeのWEBサイトを開きます

 

このようにYouTubeのアプリは自動で起動して開きません。WEBサイトが表示されます。

 

そもそも、シークレットモードとは

シークレットモードについて簡単に説明します。

シークレットモードを使うと、

  1. 閲覧したWebサイトの記録が履歴として保存されない
  2. 入力したID・パスワードが保存されない
  3. 名前・住所やクレジットカード等の個人情報が保存されない
  4. 過去に保存されたものが無効になる

このようになります。

 

一般的には共有パソコンを利用する時に個人情報を守るためにある

このように、シークレットモードを使うとWEBサイトの閲覧履歴から入力した情報等がいっさい保存されなくなるので、共有のパソコンでインターネット利用する時に使う機能です。

記録がいっさい残らないので他の利用者に個人情報を知られずに済みます。

自分専用のスマートフォンでは価値が無いと思われますが、実はあります。

 

自分専用のスマートフォンで使うメリット

この記事で紹介しているのがこのメリットです。

4.過去に保存されたものが無効になる

 

過去に設定して保存されたもの無効になるので、アプリが自動で開かなくなるのです。

例えばYouTubeをGoogle Chromeで開くとYouTubeのアプリが自動で開く場合。

なぜ自動でYouTubeアプリが開くかと言うと、過去にアプリを常時使うの設定にしたからです。

しかし、シークレットモードを使うと過去にした常時アプリを使うの設定が無効になるので、WEB版のYouTubeサイトを開けるようになるのです。

このようにアプリではなくWEB版のサイトを使いたい時にシークレットモードは便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました