渓流魚の岩魚(イワナ)は陸をはいずる

雑記
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

NHKの番組のダーウィンが来た!で「イワナはケモノ!越後源流で目撃」を視聴しました。

 

源流で水が少なくなるとイワナが水から飛び出して、豊富な水を求めて陸地をはって移動してました。

 

蛇みたいにクネクネ動いて陸を移動していました。

 

渓流釣りをするが、まったく知らんかったそんなの。

また雑学が増えました、いい番組です。

 

私はイワナも釣りますが、山梨・長野で放流魚を釣るだけです。

千曲川の支流とかですね。一度でいいから源流に行って釣ってみたいです。

 

2018年12月の追記です。

今も陸の移動はあります。宅配便で!!

楽天市場を見ていたら、生きた岩魚(イワナ)の通販がありました。酸素を入れたビニール袋に岩魚を入れてクールの宅配便で送るのです。

確かに、

岩魚やヤマメなどの渓流魚は死んだ後、冷凍だろうがどんな保存方法であれ、時間がたつと美味しくなくなります。

 

美味しく食べるのにこれ以上の方法はありません。

 

釣った魚を自分で食べていたのでよくわかります。

 

生きたイワナを通販で買う方法の紹介。

 

袋に酸素と水と魚を入れるから、生きたまま魚を通販で販売することが出来るのです。

 

しかし、観賞用の魚では無くて、食用の魚なので受取った時に生きているかの保証はありません。

 

でも、出荷時も輸送途中も生きている魚なので、到着した時の鮮度は良いです。

コメント

Amazonの増税前タイムセール

増税前のビッグセール

9/20(金)9:00 ~ 9/23(月・祝)23:59

楽天市場の消費増税対策

かしこく・らくらく消費税増税対策

2019年10月に施行される消費増税

増税前に人気の商品カテゴリー

お得なキャンペーンの情報

タケシ

1970年代前半生まれの神奈川県在住の男です。製造業でエンジニアをしていましたが、今は持病があり障がい者雇用で働いています。宜しくお願いいたします。

タケシをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました