オートバックスでラクティスのタイヤ交換をした工賃

この記事は約8分で読めます。

 

オートバックスでトヨタのラクティスのタイヤ交換をしました。

夏タイヤから冬タイヤ(スタッドレス)への交換です。

4本交換でホイル無しのタイヤ持ち込みで料金価格は工賃のみで4,000円(税抜き)でした。
タイヤ1本で1,000円なのでこれより安いところは他にありません。

私の行動範囲(神奈川県)では最安激安値じゃないでしょうか?

いや激安は言い過ぎですね。

これより安い工賃価格の所があったら教えてください。

 

しかし、このタイヤ持ち込みの交換工賃が1本が1,000円(税抜)になるのは2回目からです。新規持ち込みでは適応されません。

 

タケシ
タケシ

タイヤを新規で持ち込んでも工賃1,000円。

オートバックスでタイヤを買って交換しても工賃1,000円のいい時代があったのです。

最初はオートバックスもサービスでやっていましたが、今はさすがにネットで買う人が増えたからやっていません。

 

システムが変わったのです。

オートバックスでタイヤを買った場合の工賃は1,000円で、ネットで買ったタイヤを持ち込みした場合は新規2,000円になります。

その後の交換は同じタイヤだと1,000円になります。

 

この説明を次でします。

 

オートバックスのタイヤ交換工賃のシステム

次のタイヤ交換の場合の交換工賃で説明すると。

①スタッドレスタイヤ購入→②夏タイヤと交換→スタッドレスタイヤになる→③シーズンが終わり夏タイヤに交換→④またスタッドレスタイヤに交換→…

 

①がオートバックスで買ったタイヤの場合のタイヤ一本の交換工賃(税抜)。
1,000円 ③1,000円 ④1,000円

 

①がオートバックス以外で買った持ち込みタイヤの場合のタイヤ1本の交換工賃(税抜)
2,000円 ③1,000円 ④1,000円

 

タケシ
タケシ

オートバックスでタイヤ持ち込みで交換すると初回だけ高いのです。

オートバックスのタイヤ交換は高いと思って他のお店に行くことはないです。

同じタイヤであれば次の交換からは安くなりますから。

 

しかし、その後にネットでタイヤを買うの人が増えたのでタイヤ持ち込みでも安く交換してくれる所は増えています。

下のグーピットで近くの整備工場を見つけられます。

全国でパーツ持込み取付、修理、整備、車検、点検の専門店を検索するならグーピット(GooPit)
全国で車整備工場を検索するならグーピット(GooPit)。全国で自動車の車検、点検の認証工場・指定工場だけでなく車修理・オイル交換・パーツ持込み取付のための整備・修理工場もご紹介!

 

オートバックスのタイヤの交換時間

オートバックスへタイヤを交換に行ったのは平日の16時で作業開始までの待ち時間は奇跡の0分で、交換時間は30分ぐらいでした。

 

タケシ
タケシ

普通は交換時間よりも待ち時間が長くなる傾向にあります。

 

ネットでスタッドレスタイヤを買った理由

以前の家族所有の車のカルディナの場合は純正と同じタイヤサイズの在庫品がオートバックスにありました。

 

タケシ
タケシ

ちなみにラクティスは私では無くて家族が保有しています。

しかし、管理は私がすることになっています。

 

しかし、ラクティス用のタイヤはサイズが175/60r16と特殊なのでスーパーオートバックスにすら在庫が無かったのです。

このサイズのタイヤは売れる数が少ないので在庫は持たないとの事です。

取り寄せだとタイヤ4本で10万円を超えてしまいます。

 

タケシ
タケシ

さすがに高すぎます。

買う気が無くなりました。

 

それでネットで格安のを探して買いました4本で5万円ぐらいでした。

 

タケシ
タケシ

値段が半分にまで下がりました。

オートバックスの取り寄せは高すぎます。

 

購入したのはGOODYEAR(グッドイヤー)のICE NAVI ZEA(アイス ナビ ゼア)です。

これも疑問なのですが近所オートバックスではGOODYEAR(グッドイヤー)のタイヤが何故か置いて無いのです。

 

タケシ
タケシ

何でだろう?

 

さらに、タイヤを買うときにネットショップのページに”特別な梱包はしておりません”と注意書きがありました。

タケシ
タケシ

どんな送り方をするのだろう?

と思っていましたが届いたタイヤを見て納得しました。

下の写真が宅急便で届いたスタッドレスタイヤです。

そのまま送られて来ました。

ビニールのテープで2本を一組にしてあるだけです。

 

タケシ
タケシ

タイヤがそのまま送られてきました。

梱包について注意書きをするわけです。

 

しかし、特にタイヤ交換するときにタイヤが傷ついてるとか、変形してるとか言われなかったので問題は全くありませんでした。

 

下が取り付け前の写真で純正タイヤのメーカーはブリジストンです。

 

下の写真がスタッドレスタイヤに交換後になります。

 

タケシ
タケシ

同じサイズのタイヤですから見た目はあまり変わりませんが

綺麗にはなりました。

 

GOODYEAR(グッドイヤー)のICE NAVI

私が購入したスタッドレスタイヤのGOODYEAR(グッドイヤー)のICE NAVI ZEA(アイス ナビ ゼア)についてです。

タイヤサイズはラクティスの純正タイヤと同じで175/60R16になります。

今はアイス ナビ ゼアは無くなり後継のモデルにチェンジしてします。

 

下は後継モデルのグッドイヤー(GOODYEAR) スタッドレスタイヤ ICE NAVI 6

 

下はさらに次の新モデルのGOODYEAR(グッドイヤー)スタッドレスタイヤ ICE NAVI7

 

先にも書きましたが、このラクティスと同じタイヤサイズ175/60R16を採用している車は少ないので選べるタイヤの種類が少なくなります。

 

アイス ナビ ゼアの感想としては普通の性能のスタッドレスタイヤです。

よほどシビアな環境でなければチェーン無しでOKです。

街中を走る分には、ブレーキ、カーブなどちゃんとグリップしてくれます。

 

私のスタッドレスタイヤは3シーズン目になります。

通常の交換時期の目安としては今期で最後になります。

 

私はそんなに厳しい雪道は走らないのでケチって4シーズン目も使おうと考えています。

何故ならタイヤの交換はタイヤに溝があればしてくれるからです。

しかし、交換するときにスタッドレスタイヤとしては使えないと言われると思います。

 

私は前から思うのが滑らないスタッドレスタイヤより、グリップは落ちるが長期間使えるスタッドレスタイヤを開発して欲しいものです。

希望としては5年ぐらい使えるようにして欲しいです。

溝が残っているのに使えなくなるので、スタッドレスタイヤは高くてコスパが悪いです。

 

去年はせっかくスタッドレスタイヤに替えたのに雪は降りませんでした。

今年も雪が降らなかったらタイヤを替える意味がありません。

 

タケシ
タケシ

夏冬使えるオールシーズンタイヤがあり寿命も4~5年ですが雪道の走行性能はスタッドレスより劣ります。

 

アジアンタイヤは…

安くタイヤ交換をしてくれるお店を探していた時にカーコンビニ倶楽部の店長さんに言われました。

ネット通販で安く売ってるアジアンタイヤ(韓国・台湾・中国のメーカー)はリム(ホイールと接する部分)が弱くてトラブルが多発してるから交換を断ってるとのことです。

 

【追記】

その後はアジアンタイヤの交換もしてもらえるようになりました。

アジアンタイヤの性能と品質が向上したからです。

私もナンカン(台湾)とフェデラル(台湾)とピンソ(インドネシア)のタイヤを使っていましたがトラブルは一度も発生していません。

 

家族所有のラクティスについて

新車で購入したラクティスの1.5G“Lパッケージ”になります。

1.5Lの2WDでミッションはCVT、110馬力で燃費は18.0km/ℓとなっています。

 

ラクティスには1.3Lもあるが燃費は18.4km/ℓとあまり変わりません。

タケシ
タケシ

燃費がほぼ同じならトルクとパワーがある方が良いと思います。

 

1.5L ラクティスの基本グレードはGですがエアコンがマニュアルになるので使い勝手が悪いです。

1.5L ラクティスG“Lパッケージ”ではオートエアコン+リバース連動機能付ドアミラー+スマートエントリー+盗難防止システム等が追加されています。

 

上級グレードの1.5L ラクティスG“S Package”はスポーツシート+エアスポイラーが追加されていますが付加価値をつけたものなので特に必要の無いものです。

1.5L ラクティスG“Lパノラマ Package”ありますがパノラマルーフになっているだけなのでこちらも特に必要のないものです。

 

タケシ
タケシ

前の車が2.0Lのカルディナだったのでパワー不足を感じますがCVTのMモードを使えば良いだけです。

 

私の家族にしては良いのを選んだと思います。

先にも書いたように問題はタイヤサイズだけです。

 

ラクティスが出たての頃にトヨタのディーラーの営業さんが「ラクティスはファンカーゴの後継なのに何故か高級仕様なので売る方としても扱いがよくわからない」と言っていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました