超かためで長い120cmのボディタオル | 体を洗うタオル

これは役に立つ
この記事は約5分で読めます。

ナイロン製の超かためのボディタオルを買いました。

しかも、120cmのロングタオル。

私は安くてシンプルなものが好きです。

Amazonの「かためのボディタオル」の中で安く使えそうなものを探して今回買いました。

 

ところで、実はボディタオルと言う言葉が浮かばなかったので、最初は「体を洗うタオル」で検索していました。

タケシ
タケシ

体を洗うタオル=ボディタオル

なのですね、知りませんでした(笑)

まずは、そもそも何で買ったのか?です。

 

スポンサーリンク

何で超かためのボディタオルを買ったのか?

今までは家族が買った綿素材の柔らかいボディタオルを使っていましたが、不満がありました。

 

柔らかい綿素材のボディタオルの不満

今まで使っていた柔らかい綿素材のボディタオルだと垢(あか)・角質を落とし切れないのです。

もともと綿のボディタオルは柔らかいので角質を落としすぎることがなく、肌に優しいのが売りなのでゴシゴシ洗っても垢・角質を完全には落とせません。

しかし、私の肌は強いので柔らかいボディタオルでは物足りないのです。

私の肌がどのように強いかと言うと。

 

私の肌は強い

私はとにかく皮膚が厚くて頑丈、だから肌が強いのです。

日焼けして皮がむける時も、皮が厚く強いのでヘビやトカゲの脱皮のようになります。

皮がめくれた所を引っ張るとそのまま皮が繋がってどんどんめくれて行きます。

当然、私の垢・角質も頑丈なので、柔らかいボディタオルだと落ちません。

タケシ
タケシ

私は肌と皮膚が強いのでゴシゴシ洗っても大丈夫。

 

柔らかいボディタオルだと湿度の高い夏場は不快

柔らかいボディタオルは角質を落としすぎないので乾燥肌を防ぐ効果があります。

しかし、私のような汗っかきだと夏の湿度が高い時期は汗が乾かずに不快になります。

湿度が高い夏は逆に乾燥肌になって欲しいのです。

タケシ
タケシ

垢・角質が汗を含むと気持ち悪いのです。

汗が乾かないのと体にまとわりつくから。

 

超かためのボディタオルを使ったら

買った超かためのボディタオルを使った私の感想です。

 

全身スッキリ

洗った後はもの凄く体がスッキリします。

超かためのボディタオルで体をこすると、引っかく感じがします。

しかし、痛くはなく、蚊に刺された所を引っかくような感じなので気持ちいい。

わきの下とかお腹などの肌の弱い部分は、強く押し当てなければOK。

柔らかいボディタオルと比べると、超かためは強く押し当てるとゴシゴシ洗えます。

そして、足の裏の古い角質もほぼ完全に落とせます。

わきの下やひざ裏などの肌の弱い部分は弱く当てて力加減で調整します。

柔らかいボディタオルは強く押し付けても、弱く押し付けても垢や角質を落とす量はほとんど変わりません。

しかし、超かためのボディタオルは力加減で調整できます。

さらにこのボディタオルが真価を発揮するのは背中を洗う時です。

 

背中を洗うのに良い

背中は自分で強く洗うことができないので、柔らかいボディタオルだと垢や角質があまり落ちません。

しかし、超かためのボディタオルは弱い力でも垢・角質を落とすことができます。

しかも、私が買ったのは120cmのロングサイズなので簡単に背中を洗うことができます。

タケシ
タケシ

私のように肩の関節が硬い人にお勧めです。

年を取ると関節が硬くなります。

 

肌が弱いところは力加減で

先に書いたように肌の弱い部分は力加減を弱くすれば良いのです。

わきの下とかひざの裏とかです。

タケシ
タケシ

さらに弱い部分がある時はボディタオルを使わずに手で洗えば良いだけ。

 

価格も安いのでお試しで買える

私が買った時の価格は253円。

オーエ クア2 ナイロンタオル 超かため ブルー 120cm

 

タケシ
タケシ

さらに、このボディタオルは新モデルです。

 

旧モデルはこちらの

オーエ ナイロンタオル 超ロング かため ブルー 120cm 男性の背中がゴシゴシ洗える

 

旧モデルの方は「背中がゴシゴシ洗える」とアピールしています。

そして、旧モデルはAmazon’s Choice(アマゾン・チョイス)になっているが、何故か384円と価格が高くなっています。

タケシ
タケシ

長さは同じ120cmなのに何故なのでしょう?

意味が分からないので買うなら新モデルでしょう。

安いから。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました