auの新料金プランのスマイルハート割引「新auピタットプラン・auフラットプラン7プラス」

スマートフォンとパソコン
この記事は約7分で読めます。

2019年6月1日から、auの新料金プランの「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」がスタートしました。

 

しかし、その後2019年10月1日にauで料金プランの見直しがありました。

変更後のスマイルハート割引・料金プランについてはこちら↓をお読みください。

auのスマイルハート割引(障がい者割引)の料金表
auの新料金プランに、障害者割引のスマイルハート割引を適用した場合の料金表 2019年10月1日からauの新しい料金プランがスタートしました。 新しい料金プラン 新auピタットプランN auフラットプラン7プラス...

 

【ここから始まる文章は2019年6月~2019年9月30日のプランの内容です。】

 

今回の新料金プランに、スマイルハート割引を適用させた場合の料金を調べました。

 

まず最初に、スマイルハート割引が終了、または廃止したと思っている人がいますが、無くなっていません。

また、スマイルハート割引は通常と言うか普通の料金プランと比べてデメリットはありません。

しかし、メリットが少なくなっているのが現状です。

 

スマイルハート割引を使った場合の月々の支払料金です。

 

結果はこちらです。

スマイルハート割引適用後の料金

料金プラン:データ使用量月々の料金
auピタットプラン:~1GB2,780円
auピタットプラン:1~4GB4,280円
auピタットプラン:4~7GB5,780円
auフラットプラン7プラス:~7GB5,280円

※家族割プラス・auスマートバリューは除いてあります。

※通話オプションの通話定額・通話定額ライトは除いてあります。

 

これだけだと、内容がわからないと思います。

なので、次にauの新料金プランの「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」とスマイルハート割引について説明をします。

 

タケシ
タケシ

ちなみに、私は障がい者手帳を持っているので、障がい者割のauのスマイルハート割引が使えます。

 

ドコモ・au・ソフトバンクの障害者割の比較は↓こちらをお読みください。

スマホの障がい者割引を2019年の新料金プランで比較 | ドコモ・au・ソフトバンク
2019年6月1日に、ドコモとauが新料金プランを発表しました。 新しい料金プランを作ったのは、政府が携帯大手に値下げを要請したからです。 そこで、ドコモとauはデータ使用量の少ない1GBまでのプランを作って、安くするこ...

 

スポンサーリンク

スマイルハート割引とは

スマイルハート割引とは障がい者向けの割引制度です。

身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、特定疾患医療受給者証、特定疾患登録者証、特定医療費(指定難病)受給者証のいずれかを持っている人が対象です。

 

スマイルハート割引は、料金プランの基本使用料が1,700円割引になります。

 

新料金プランの「新auピタットプラン」

「新auピタットプラン」の特徴

データ利用量に応じて自動的に定額料が3段階で変動します。

「~1GB」と「1~4GB」と「4~7GB」の3段階になります。

 

2年しばりありの料金

次が、新料金プラン「新auピタットプラン」の月の利用料金。

2年定期契約あり

料金プラン:データ使用量月々の料金
auピタットプラン:~1GB2,980円
auピタットプラン:1~4GB4,480円
auピタットプラン:4~7GB5,980円
auフラットプラン7プラス:~7GB5,480円

※家族割プラス・auスマートバリューは除いてあります。

※通話オプションの通話定額・通話定額ライトは除いてあります。

 

タケシ
タケシ

auは安くしたと言っています。

確かに2,980円は安いと思います。

しかし、これはデータ通信量が月当たり1GBまでと少ないのです。

 

実はあまりお得ではないスマイルハート割引

スマイルハート割引は、料金プランの基本使用料が1,700円割引になります。

 

「スマイルハート割引は1,700円割引になるのだからお得なのでは?」と思うかもしれません。

しかし、実はそんなにお得にはなりません。

 

理由は、スマイルハート割引は「定期契約割引」と同時に申し込みが出来ない!ことにあります。

 

つまり先に書いた月の利用料金。

2年定期契約あり

料金プラン:データ使用量月々の料金
auピタットプラン:~1GB2,980円
auピタットプラン:1~4GB4,480円
auピタットプラン:4~7GB5,980円
auフラットプラン7プラス:~7GB5,480円

※家族割プラス・auスマートバリューは除いてあります。

※通話オプションの通話定額・通話定額ライトは除いてあります。

 

これから、さらに割引されるのでは無いのです。

 

なぜなら、2年定期契約あり”が「定期契約割引」に該当するからです!

なので、この料金プランにスマイルハート割引は使えません。

 

スマイルハート割引が適用されるのは、次の2年定期契約なしの料金プランです。

2年定期契約なし

料金プラン:データ使用量月々の料金
auピタットプラン:~1GB4,480円
auピタットプラン:1~4GB5,980円
auピタットプラン:4~7GB7,480円
auフラットプラン7プラス:~7GB6,980円

この料金プランへ、スマイルハート割引を適用させることになります。

 

この料金プランへ、スマイルハート割引の1,700円割引を適用させると次の料金になります。

 

スマイルハート割引適用後の料金

料金プラン:データ使用量月々の料金
auピタットプラン:~1GB2,780円
auピタットプラン:1~4GB4,280円
auピタットプラン:4~7GB5,780円
auフラットプラン7プラス:~7GB5,280円

※家族割プラス・auスマートバリューは除いてあります。

※通話オプションの通話定額・通話定額ライトは除いてあります。

 

安くなるのは200円

さらに分かり易く、2年定期契約ありスマイルハート割引を使った場合の比較です。

料金プラン:データ使用量2年定期契約ありスマイルハート割引
auピタットプラン:~1GB2,980円2,780円
auピタットプラン:1~4GB4,480円4,280円
auピタットプラン:4~7GB5,980円5,780円
auフラットプラン7プラス:~7GB5,480円5,280円

 

新料金プランの「2年定期契約あり」と比べると、スマイルハート割引は全てのデータ使用量で200円安いことになります。

 

さらに2年間のしばりもなくなります。

 

タケシ
タケシ

2年契約のしばりが無いのは良いです。

しかし、安くはなっているが200円だけ。

 

※その他のオプションで割引などがありますが、ここでは分かり易くするために説明を省略しています。

 

タケシ
タケシ

家族でauを使っている人は良いと思います。

家族割プラスで割引額が大きくなるから。

しかし、私のように一人で使うと料金が高いです。

 

格安スマホの障がい者割引

格安スマホには障がい者割引はありません。

※ここでは、格安スマホ=格安SIMとしています。

 

障がい者割引はキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)にだけあるサービスです。

タケシ
タケシ

そもそも障がい者割は、一般企業が善意でサービスでやっているからです。

それと格安スマホは元々の利用料金が安いです。

 

以上です。

お読みいただきありがとうございます。

コメント

タケシ

1970年代前半生まれの神奈川県在住の男です。製造業でエンジニアをしていましたが、今は持病があり障がい者雇用で働いています。宜しくお願いいたします。

タケシをフォローする

格安スマホのご案内

◎高速データ通信をオフにするとスマホを使い放題!

◎ギガ不足にならない!

高速データ通信オフについてはこちらをお読みください。

タケシ
タケシ

私も楽天モバイルを使っています。

〇格安SIM(MVNO)の中でシェアがNo.1

〇乗り換えたい通信サービスでNo.1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました