ドコモのスマートフォンMO-01KでWordPressを使う

初心者のWordPress
この記事は約3分で読めます。

ドコモ(docomo)のスマホのMONO  MO-01Kを使っています。

 

このブログへはwordpressで記事を投稿しています。もちろんスマホを使って。

 

MO-01Kのスペック※は低いです。

※これがスペック詳細

CPU: Snapdragon 435 (Qualcomm MSM8940)1.4GHz(クアッドコア)1.1GHz(クアッドコア)オクタコア

OS: AndroidTM 7.1(AndroidTM 8.0対応)

内蔵メモリ: ROM:32GB  RAM:3GB

最低限のことはできますよスマホ。

 

問題なのは記事を投稿する時に使うエディタ※のGutenberg(グーテンベルグ)と言うもの。

 

※エディタ(またはエディター、editor)は、コンピュータ上で各種のオブジェクトを編集するソフトウェア。単にエディタという場合、テキストエディタを指すことがある。

 

最新版のwordpressに更新すると、この新しいエディタが設定されます。

 

私がwordpressを使い始めたのが、数日前からなので、最初からこのエディタでした。

 

タケシ
タケシ

このエディタ動きが遅い

反応速度が悪い

使いにくい

 

下の画像がグーテンベルグです。

 

なのでネットを検索して調べて、旧エディタのClassic (クラシック)に変更しました。

 

テーマのcocoonでエディタの切り替えができます。

「Cocooon設定」→「エディター」→「Gutenbergエディターを有効にする」の□のチェックを外します。

 

私はずっとエディタをクラッシックに変えて使っています。

タケシ
タケシ

クラッシックエディタは動作が速いです。

ストレスになりません。

 

下の写真がクラッシックエディタです。

 

プラザはGoogle Chromeです。

 

PC サイト表示とスマートフォン表示を作業内容により使い分けています。

 

最初はエディタが複数あることを知りませんでした。

 

wordpressの使い方をネットで調べていた時に。

タケシ
タケシ

説明の画像の画面が

自分のとは違う…

なぜだ?

と疑問に思っていました。

 

次はプラグインで旧エディタのClassic (クラシック)にする方法です。

テーマcocoonで設定を変えればプラグインは必要ありません。補足で記載しておきます。

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Classic Editor」で検索すると表示されます。

後はプラグインのClassic Editorを入れれば終了です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました